FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015'10.12 (Mon)

不食への道 2015進捗状況

不食への道 2015年10月12日(月)

9日(土)のランチを会社の同僚と食べた後不食をやってみました。

その記録を残しておきたいと思います。

9日の夕食時間、いつも食べているのでお腹がすいたという感覚が湧いてきました。

でも気持ちを切り替えて英語の勉強をしたりして時間をつぶしました。

とりあえず問題ありません。

10日の午前中は英語の師匠と個人レッスンでした。
少し身体がふらっとする感じがあるけれど、勉強に支障をきたすような事はありませんでした。
お腹がすいてしょうがないという感じはなかったですね。
これなら1日一食は行けそうだなと確信しました。

その後、車でショッピングに出かけました。
運転も問題ありません。
ただ、食べていないという認識がなんか食べないとまずいかなという思考を生み出してきます。

10日の夜、カラオケトレーニングの授業があり歌の練習をして来ました。いつもより高音が出しにくい感じかした他は特に問題がなかっなです。

ただ、身体がエネルギー切れのようで、少しフラフラした感じがありました。

11日の朝、チョットお腹が痛くなり、喉も渇いていたので水をたくさん飲みました。

そしたらお腹の痛みは消えましたが、何とも言えないエネルギー不足感はまだ残ってました。

そんな状態だったので午前中はあまり動く気がしませんでしたが、夕方になって散歩に出かけることにしました。
途中慶応大学のキャンパスを通り、木々からブラーナのエネルギーをたくさんもらった感じがしました。

のどか乾いてたので、喫茶店に入りストレート紅茶を頼みました。
喉が渇いている時、口の中が塩っぱい感じがします。これは今までない味覚だと思います。

いつもはコーヒーを飲んでいるのでお店のマスターがその事に気付いて声をかけられました。
確かにそのお店で紅茶を頼んだのは初めてだったと思います。

紅茶を飲んで落ち着いたら身体が安定して来ました。
お腹がすいたという感覚は全く無く、もしかしたらこのまま不食の生活に入れるのではないかという感覚が湧いてきました。

その夜、夕食を食べる必要が無くたっぷり時間がありましたが、流石にやる気がおきません。
秋山さんのように、食べない事で身体が軽くなって元気になるというのはどういう事なのでしょうか?
まだ今のままじゃ、秋山さんのようにはなれないなと感じました。

IMG_1478.jpg


同じ人間なのに何が違うんでしょうか?
もう一度、ジャスムヒンさんの書いた本を読んでみたいと思います。

ジャスムヒンさんが昨年のリトリートで言われた不食の人の特徴を記録から転記します。

IMG_1481.jpg


①瞑想を行っている
②お祈りをしている
③マインドをマスターしている:思考や感情を主体的にコントロールする
④ベジタリアンの食事、食事を軽くしている
⑤身体にいっぱい感謝をしている、運動をしている
⑥奉仕
⑦自然の中ですごす
⑧神聖な音楽

これらを実践する事で、不食の仲間に入れるのかもしれません。
今の所、④、⑥、⑦がまだまだできていないですね。
他はぼちぼちだと思います。

今回はほぼ丸々3日間水と一杯の紅茶で過ごしました。
とてもいい経験になりました。

次回はもっと長くやってみたいと思っています。

その課題として⑥を徹底的に習慣づけをしていくことが大事なんですよね。
何度も読み返して日頃の生活の中に落とし込んでいきたいと思います。



17:39  |  不食  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

 | HOME |