FC2ブログ
2020年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2019'09.28 (Sat)

本日のエントリー (2019/9/27)


日付:2019/9/27(金)
ベット金額:5,000円
通貨ペア:AUD/JPY
指標:23:00 ★★ 米国 ミシガン大学消費者態度指数・確報値 
取引時間:23:24~23:30(6分後判定)
結果:負け

■結果
https://gyazo.com/7ab14f0be04cc7d0af736bd158b40509


■1分
https://gyazo.com/5403319f725ce01e749f27898ed3db9f

根拠:RSIおよびストキャス共に水準、ボリンジャーバンド2σ越え。ローソク足の形がジグザグしながら上昇し、直前に値を下げ2σを一旦離れ、その後にぐいっと上昇し3本目の足でラインにタッチした。その時は見過ごしたが、次の足で再度ラインにタッチしたのでエントリー。


■5分
https://gyazo.com/a540773caabc18b0a94a69f0b6555c8e

根拠:RSI、ストキャス共に水準、ボリンジャーバンド2σタッチ。


■15分
https://gyazo.com/d72a0b19301b070ed6607f7dafe31fba

根拠:
このレジスタンスラインの形成点で何度も上ひげを出しており、そこから大きく値を下げている。また、1時間足でみると5日前にはサポートラインとして認識されていたこと。
また、1分足がジグザグしながら上昇し、2σタッチの後一旦値を下げてから上昇しローソク足3本でラインにタッチしたこと。これらを根拠としました。



■反省・改善
最近は直前の1分足で値を下げてからぐいっと上昇するパターンでエントリーするように心がけています。今月の勝ちはすべてそのパターンでした。ただ、今回の場合、値を下げる時間が長かったのかもしれません。今までの経験では、値を下げる間はせいぜい2本から4本程度ですが、今回は15本と長かったです。つまり、今までの勝ちパターンから外れてエントリーしました。これが、原因の一つではないかと考えます。
もう一つは、このAUD/JPYは、先月(8月)は0勝2敗と相性が悪い通貨ペアでした。相性の悪い通貨ペアは紙に書いてすぐ目の前に貼ってあるので、エントリー時点で確認しました。しかし、そうはいってもと言う気持ちがあり無視しました。それも原因の一つかもしれません。
改善点としては、直前の1分足のこのパターンはエントリーを見送るパターンとして、今後はエントリーしないようにしたいと思います。
また、相性の悪い通貨ペアについては、少なくとも翌月は様子を見て相性が良くなるまでエントリーしないことにします。

08:29  |  投資  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

 | HOME |