FC2ブログ
2020年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2019'10.11 (Fri)

英語の個人塾に通うのをやめた

やめたこと

英語の個人塾に通うのをやめた

ちょうど1年前のことになるが、それまで約10年間受けて続けていた英語の個人塾に通うのを止めました。そのことについて書くことにします。


この英語塾の先生は、もともと、ある能力開発のクラスに通っていた先輩でした。先生はその中でトップの能力を開発され、皆から賞賛されるような人でした。
そんな中、先生は能力開発塾を立ち上げられ、僕に今通っているスクールでは先が見込めないからとお誘いがあって、僕も今のスクールには限界を感じていたのでお誘いに乗ることにしました。

当初は能力開発を目的としたカリキュラムで、月に1回訪問して2時間の授業を受けていました。モチベーションを上げるプログラムや、セドナメソッドなどを教わったと思います。
そのうち、その塾では新しく英語のカリキュラムが追加され、塾生の一人がToeic900点以上という大きな成果を出したことにより、本格的に英語を教えることに力を入れられました。
そこで、僕にも英語の授業を受けないかとのお誘いが有りました。
僕は海外旅行にたびたび出かけることがあり、過去にはシンガポールで3年間ほど仕事のために住んだこともあって、英語に対してはもっと読めて話せるようになりたいと常々思っていました。なので、二つ返事で受けることにしました。

英語の本棚



そのような経緯で英語塾に通うことをスタートしました。
最初は月二回、1回あたり2時間で始めました。その頃は会社勤めをしていたこともあり、週末に先生の自宅まで通っていました。

途中から僕の英語力が思うように伸びないと言うことから、毎週通うことになり、その後は英語を理解するには国語力が大事だと言うことで、国語の授業時間を1時間増やして3時間にしました。

IMG_2988_C.jpg


そんな体制が2年くらい続きました。
英語力はTOEICのテストの結果を見ても壁を越えられず伸び悩んでいました。

そして、毎回の授業料も大きな負担になってきて、どうしようかなと思いつつも止めるにもその決断ができないままずるずると続けていました。

そして、2018年の夏、かねてから計画していたフィンドホーンに約3ヶ月半行くことにしたため、英語塾をその間ストップすることにしました。
フィンドホーンで過ごしている間、もちろん毎週の英語塾はありません。その分、客観的に英語塾について考える時間を持つことに出来ました。
その結果、英語塾に通っていることの意義がないことの結論に達し、止めようと決意しました。


この決断にかなりの時間を要したのは、次のような考えが僕の中に張り付いていたからです。
それは、何事も出来るまでやれば達成できるという思いです。このことは真理だと思います。そして、英語の学習もその真理に基づき、出来るまでやろうと自分で決めていました。英語塾を辞めることが、それをあきらめることになると思っていたためになかなか英語塾を止められなかったのです。そのことにやっとで気がついたのです。
この英語塾を止めたからと言って英語を止めるわけではないと自分で納得したら、あっさりと結論が出来ました。

後から思えば、どうしてそんなに長い間その英語塾に通っていたのか不思議でなりません。先生は英語の教え方はうまかったのかもしれませんが、ネイティブのような発音があるわけでもなく、授業料は高額で、しかも自分の英語力は伸び悩んでいる。この状態を冷静に判断したら、もっと早く止めても良かったと思います。それが出来なかったということは、ずいぶん洗脳されていたことになります。

しかし、こうしてその洗脳から自ら解放することが出来たことは、ありがたいことでした。

出来るまでやるという考えは正しいことだと思いますが、その手段は状況を見ながら最善のものを選んでいくのが大事なことだと経験しました。


ありがとうございました。

英語の本棚

13:38  |  やめたこと  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

 | HOME |